株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

【写真と解説】 骨学実習アトラス

写真と図解で完全マスター! わかりやすさ抜群の骨学アトラス

定価:3,960円
(本体3,600円+税)

数量

カートに入れる

立ち読み

著: 髙井省三(筑波大学名誉教授)
判型: 菊判
頁数: 136頁
装丁: カラー
発行日: 2010年07月29日
ISBN: 978-4-7849-3205-4
版数: 第1版
付録: -

すべての構造を実物の写真で!

・骨格標本を各方向から撮影し、部位の名称を付け、解説を加えました。

・すべての構造を実物の写真で見ることができますので、わかりやすさ抜群です。

・関節の内部構造など写真だけではわかりにくいところは、イラストを併用して解説。

・解剖学用語にはフリガナを添え、英語を併記しました。"

診療科: 基礎医学 解剖学

目次

脊柱
脊柱の全景
椎骨の基本型
頚椎
胸椎
腰椎
仙骨
尾骨

胸郭
胸郭
胸骨
肋骨

上肢帯
鎖骨
肩甲骨

自由上肢
上腕骨
橈骨
尺骨
手根骨
中手骨
指骨

下肢帯と骨盤
寛骨
腸骨
坐骨
恥骨
骨盤

自由下肢
大腿骨
膝蓋骨
脛骨
腓骨
足根骨
中足骨
趾骨

頭蓋
1. 脳の容器としての頭蓋
頭蓋冠の外面
頭蓋冠の内面
内頭蓋底
外頭蓋底

2. 顔面の骨
眼窩
頬骨弓
鼻腔
骨口蓋
翼口蓋窩
下顎骨
舌骨

もっと見る

閉じる

序文


解剖学は人体の「かたち」と「つくり」を理解する学問であって、決して暗記する(憶える)だけの学問ではない、とよくいわれる。しかし、諸君にも遠い幼い昔、日本語というコトバを懸命に憶えた時代があったはずである。さらに、人体という都市を旅行するには、市町村名、駅名、河川名、道路名を指し示すコトバである解剖学用語を憶えることはどうしても避けられないであろう。
骨学実習は文字通り、人体の骨組みを実際に手に取って観察するもので、この実習をとおして個々の骨および骨格の知識を修得することはもちろん、広く形態学的なものの見方、あるいは科学的観察態度を養うことを目的とする。たとえば、次のような解釈ないしは視点をもって、骨のかたちを観察してみよう。

1. 機能的な解釈。効率よく生活し、生きのびるためのかたち。
2. 個体発生・系統発生による解釈。たとえば5本の指の解釈。
3. 構造力学的解釈。たとえば脊柱の弯曲と板バネのモデル。

骨学実習は、ともすれば、実物と名称の対照に終わってしまいがちである。しかし、解剖学用語の裏には多くのものが秘められているので、これを諸君の目と手とそして頭脳で、ぜひとも明らかにして欲しい。
「憶える」の反対語は「忘れる」であるが、「理解する」の反対語はあるであろうか? みのりある実習を期待する。

著者

もっと見る

閉じる

関連書籍

もっと見る

関連記事・論文

関連物件情報

page top