株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

糖尿病合併妊娠

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-12
平松祐司 (岡山大学大学院医歯薬学総合研究科産科婦人科教室教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    近年の晩婚化・晩産化および,2010年7月の妊婦の糖代謝異常診断基準改訂により,妊娠糖尿病は増加し,妊婦の約10%が何らかの糖代謝異常と診断され,産科臨床上非常に重要な疾患である。

    糖代謝異常合併妊娠では,①今回の妊娠中の母児の合併症予防,②将来の母児の糖尿病・メタボリックシンドローム発症予防が必要なため,妊娠前,妊娠中,産後を通じた管理が重要である。

    ■代表的症状・検査所見

    糖尿病性ケトアシドーシス,管理不良1型糖尿病以外はほとんど症状がない。

    妊娠初期・中期にスクリーニングし,陽性なら75g OGTTを行い病型診断する。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top