株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

急性緑内障

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2019-04-01
森 和彦 (京都府立医科大学眼科学教室講師)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    急性緑内障では,急激に生じた高眼圧のために短期間で視神経に重篤な障害をきたす危険性があり,眼圧を速やかに下降させる必要がある。

    前項の急性原発閉塞隅角症(acute primary angle closure:APAC),急性原発閉塞隅角緑内障(acte primary angle closure glaucoma:APACG)によるもの以外に,種々の疾患に続発して偶発症として発症する場合もある。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    頭痛,眼痛,吐気,嘔吐,霧視,虹視症などがみられる。

    【検査所見】

    高眼圧,角膜浮腫,充血(図a),前房炎症の有無,虹彩ならびに隅角の状態,眼底病変の有無などにより原因検索をする。

    17_38_急性緑内障

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top