株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

眼瞼炎(眼瞼縁炎,眼瞼皮膚炎)

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
山田昌和 (杏林大学医学部眼科学教室教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    眼瞼縁に生じる炎症性変化を眼瞼炎(blepharitis),あるいは眼瞼縁炎と総称する。睫毛根部,ツァイス(Zeis)腺,モル(Moll)腺を主座とするものを前部眼瞼炎,瞼板腺(マイボーム腺)を主座とするものを後部眼瞼炎に分類することもある。

    常在細菌叢が関与する慢性疾患であり,細菌感染そのものに二次的な免疫応答異常,炎症反応,脂質異常が関与する。表皮ブドウ球菌が多いが,黄色ブドウ球菌やPropionibacterium acnesが関与することもある。

    眼瞼皮膚の炎症性変化は眼瞼皮膚炎と呼ぶことが多い。点眼薬やコンタクトレンズ用品,化粧品などによる接触性皮膚炎の頻度が高い。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    代表的症状は,異物感,眼脂,眼不快感,眼瞼の発赤などである。灼熱感が特徴的とされるが,実際には症状は多彩で,程度も様々である。

    【検査所見】

    眼瞼縁の血管拡張や不整,発赤がみられる。眼瞼縁または睫毛根部に付着したフィブリン様滲出物は特徴的な所見である()。前部眼瞼炎では睫毛根布の潰瘍形成や睫毛の脱落が観察されることがある。

    17_14_眼瞼炎(眼瞼縁炎,眼瞼皮膚炎)

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top