株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

悪性黒色腫(メラノーマ)

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-20
宇原 久 (札幌医科大学医学部皮膚科学講座教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    メラノサイト系細胞の悪性腫瘍である。わが国における年間診断数は10万人当たり年間1~2人程度で,年間600人前後が死亡する。

    半数は手掌足底と爪に発症する。早期病変の特徴は数カ月以内に6~7mmを超えて増大する色素斑や,短期間に太くなる爪の黒色線である。

    治療は手術が主であり,原発巣の病変が4mm以下で潰瘍を伴っていなければ5年生存率は80%以上である。

    転移を起こした場合は,免疫チェックポイント阻害薬のニボルマブ,ペンブロリズマブとイピリムマブ,BRAF変異があればBRAF阻害薬のダブラフェニブとMEK阻害薬のトラメチニブの併用やBRAF阻害薬のベムラフェニブが候補となる。これらの新薬は、2014年以前の標準薬であったダカルバジンの効果を上回る。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    短期間(6カ月程度)にサイズが増大し,6~7mmを超えると早期病変の可能性が出てくる。手足の色素斑のみに注意を払う意義はない。

    爪に関しては黒い線(黒色線条)を呈するが,多くは色素細胞母斑である。やはり6カ月程度で太くなり,爪の基部が先端より太い場合や,黒,茶,青などの複数の色が混在する場合,爪周囲の皮膚にも色素斑を伴う場合は早期病変の可能性がある。

    進行した原発巣は色を失い,赤色の肉芽様病変となることがある。

    【検査所見】

    ダーモスコピー(偏光下で拡大して観察する機器)による診断が有効である。

    浸潤が疑われる場合はCTやPET/CT検査を行う。

    脳転移のスクリーニングにはMRIを撮る。

    新たな転移が発症した場合もPET/CTが望ましい。転移を起こしている場合は,血清LDH値が正常値を超えていると治療効果が下がる。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top