株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

Sweet病

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-21
末木博彦 (昭和大学医学部皮膚科学講座教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    acute febrile neutrophilic dermatosisと同義である。

    海外ではSweet's syndromeの病名が用いられている1)

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    高熱,時に関節痛を伴って顔面,頸部,四肢を中心に類円形の有痛性浮腫性紅斑もしくは結節が多発する()。

    14_21_Sweet病

    上気道感染の先行や基礎疾患を有する症例が多い。

    【検査所見】

    末梢血白血球増多・好中球増多,CRP上昇または血沈亢進。

    組織学的に真皮を中心とし,血管周囲のみでなく膠原線維束間に及ぶ好中球優位の稠密な細胞浸潤。

    ただし,発症後長期間を経過するとリンパ球,組織球が優位となることがある。

    多くは壊死性血管炎を伴わない。

    HLA-B54の頻度が有意に高い。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top