株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

胃MALTリンパ腫

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
岩本 彰 (神戸大学大学院医学研究科内科学講座消化器内科学分野)
東 健 (神戸大学大学院医学研究科内科学講座消化器内科学分野主任教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    MALTリンパ腫は,消化管などの臓器に慢性炎症で形成される粘膜関連リンパ組織(mucosa-associated lymphoid tissue:MALT)の辺縁帯B細胞由来の低悪性度リンパ腫と定義される。

    消化管の中でも胃に多くみられ,胃MALTリンパ腫(MALT of the stomach)は胃原発リンパ腫の40~50%を占める。その内約90%はHelicobacter pyloriの感染による慢性胃炎を基盤に発生する。そのためH. pyloriの除菌治療が著効し,50~80%の症例でリンパ腫の完全寛解が得られるのが特徴である。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    臨床病期が進行しない限り無症状であり,健診異常による偶然の上部消化管内視鏡検査で発見されることが多い。

    【検査所見】

    上部消化管内視鏡検査では胃炎との鑑別が問題となる。

    潰瘍,腫瘤・隆起,襞腫大・肥厚,凹凸顆粒状粘膜,敷石状粘膜など,特徴的で多彩な内視鏡所見があり,病理組織から特徴的なびまん性に浸潤する小型から中型の胚中心細胞類似細胞(centrocyte-like cell:CCL cell)やリンパ上皮性病変(lymphoepithelial lesion:LEL)が認められ,一定以上の組織スコアでMALTリンパ腫と診断する1)

    表面抗原のフローサイトメトリー解析や,リアルタイムPCR法またはFISH(fluorescence in situ hybridization)法のB細胞腫瘍を支持する所見も参考になり,MALTリンパ腫に特異的な染色体転座〔t(11;18)/API2-MALT1〕を検出することも診断に重要な所見である2)

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top