株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

食道癌(悪性腫瘍)

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
宗田 真 (群馬大学大学院病態総合外科学第一外科)
桑野博行 (群馬大学大学院病態総合外科学第一外科教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    食道癌(carcinoma of the esophagus)は,治療法が進歩した今日においても予後が良好とは言えない難治癌のひとつである。

    男性に多く発症し,わが国では9割以上が扁平上皮癌である。

    たばこ,アルコールなどの外的要因が発症に関与している可能性が高いとされている。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    初期には自覚症状がないことが多いが,嚥下時のしみる感じや胸焼け感などの症状を訴えることがある。

    進行すると,嚥下困難,胸部痛,嗄声などの症状が出現する。

    他覚的には,嚥下困難のために通りやすい食事を好む,体重減少などがみられる。

    【検査所見】

    血液検査:扁平上皮癌においてはSCCやシフラ,腺癌ではCEAといった腫瘍マーカーの上昇を認めることがある。また,腫瘍の進行に伴い様々な異常値を呈する。

    画像:内視鏡検査による病変部位の同定およびNBI(narrow band imaging)やEUSなどを追加し,深達度診断を行う。

    食道造影:解剖学的位置の確認,造影CTやFDG-PETによる周囲臓器への進展およびリンパ節転移,遠隔転移の有無の確認を行う。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top