株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

じん肺症(珪肺,アスベスト肺)

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-12
埴淵昌毅 (四国中央病院第二内科部長・臨床研究センター長)
西岡安彦 (徳島大学大学院医歯薬学研究部呼吸器・膠原病内科学分野教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    じん肺症はじん肺法により「粉じんを吸入することによって肺に生じた線維増殖性変化を主体とする疾病」と定義されており,各種の無機粉じんを長年にわたって吸入し,異物反応性のびまん性肺線維症が生じた病態である。

    じん肺の起因物質と疾患分類は多岐にわたるが(1),代表的な疾患として,結晶性遊離珪酸(シリカ・石英)の吸入により生じる珪肺,繊維性珪酸塩であるアスベスト(石綿)の吸入により生じるアスベスト肺などがある。

    03_41_じん肺症(珪肺,アスベスト肺)

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    早期には無症状であるが,進行すると咳嗽,喀痰,労作時呼吸困難などの症状を呈する。全身倦怠感,体重減少などを伴うこともある。

    身体所見では,進行症例において胸部聴診でfine cracklesを聴取する。

    【検査所見】

    血液検査では特異的なものはなく,広汎に線維化の進行した症例ではKL-6,SP-Dなどが上昇する。

    呼吸機能検査では肺活量や全肺気量の低下を認め,拘束性換気障害を呈する。また,肺拡散能の低下もみられる。

    珪肺の特徴的な画像所見は,両側上中肺野の背側優位に分布する境界鮮明な粒状影である。粒状影は経過中に融合して塊状影 (大陰影)を呈することがある。また,5~10%の例では両側肺門リンパ節の卵殻状石灰化がみられる。

    アスベスト肺では,胸部X線にて両側下肺野外側優位の線状・網状陰影を認め,進行すると肺容積が減少する。胸部CTでは粒状・線状影を認め,胸膜直下や細気管支領域に線維化が強く,胸膜の肥厚と石灰化 (胸膜プラーク)を伴うことが多い。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top