株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

急性気管支炎(成人)

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-11
宮下修行 (川崎医科大学総合内科学1准教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    急性気管支炎(急性気道感染症)は気管支を主病変とした急性の炎症で,かぜ症候群や急性上気道炎に続発することが多い。

    下気道に器質的障害のある患者に気道感染が生じた場合を慢性気道感染症と称し,その病態と経過が急性気道感染症とは異なるため区別して取り扱う。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    炎症が下気道主体のため上気道炎症状に比べ咳嗽が強く,喀痰や発熱を伴いやすい。

    【検査所見】

    原因微生物に関する2000年以前の研究報告のまとめでは,健常者ではウイルスが,肺に基礎疾患がある場合は細菌感染が多い(表11)

    03_03_急性気管支炎(成人)

    また,ケースコントロール・スタディでは,下気道感染群でウイルス検出率が63%(コントロール群12%,P<0.001),細菌検出率が26%(コントロール群6%,P=0.013)と報告されている2)

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top