株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

インフルエンザ(成人)

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-12
金城武士 (琉球大学大学院医学研究科感染症・呼吸器・消化器内科学講座)
藤田次郎 (琉球大学大学院医学研究科感染症・呼吸器・消化器内科学講座教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    かぜ症状を引き起こす種々の呼吸器ウイルスの中で,インフルエンザはワクチンと治療薬が利用できる唯一のウイルス感染症である。

    現在,わが国では4種類のノイラミニダーゼ阻害薬が使用でき,患者の年齢や状態に応じてこれらの薬を使いわける。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    1~4日の潜伏期間のあと,鼻汁,咽頭痛,咳嗽などの感冒症状に加え,突然の高熱や全身倦怠感,頭痛,筋肉痛,関節痛などのいわゆるインフルエンザ様症状が出現する。

    インフルエンザ様症状を呈さない症例があり,また逆にインフルエンザ以外の呼吸器ウイルスでもインフルエンザ様症状を呈することがあるため,症状のみではなく地域の流行状況なども勘案しながら総合的に判断し,インフルエンザが疑われる場合には迅速抗原検出キットで検査する1)

    【検査所見】

    迅速抗原検出キットが頻用されているが,発症早期には偽陰性となる可能性があり,注意が必要である。

    特に発症後12時間以内の検査陽性率は4割以下と低く,強く疑う場合には時間をおいて再検査を行う2)

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top