株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

内ヘルニア[私の治療]

No.5116 (2022年05月14日発行) P.43

佐々木 健 (鹿児島大学大学院医歯学総合研究科消化器・乳腺甲状腺外科学診療講師)

登録日: 2022-05-15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 内ヘルニアとは,体腔内において陥凹部,囊状部,裂孔などに腹腔内臓器が陥入した状態のことを言う。腹膜窩を通じて後腹膜へ陥⼊する腹膜窩ヘルニアと,腸間膜や⼤網・小網などにできた異常裂孔に陥⼊する異常裂孔ヘルニアとに⼤きく分類される。解剖学的発生部位は頻度順に,傍十二指腸53%,盲腸周囲13%,Winslow孔8%,腸間膜8%,S状結腸間膜窩6%,膀胱上窩/子宮広間膜異常裂孔6%,後吻合部5%,大網・小網異常裂孔4%1)2)である(図)1)。後吻合部のように手術によりつくられた裂孔に陥入することもある。腸閉塞症状を契機に指摘される比較的稀な疾患であり,機械的腸閉塞症例の0.5~5.8%である1)。内ヘルニアと診断がつき次第,手術適応である。緊急で行うか,待機的に行うかについては重症度で判断する。

    ▶診断のポイント

    【症状・身体所見】

    悪心・嘔吐,腹痛,腹部膨満,便秘などの腸閉塞症状が典型的である。腸管の絞扼により血流障害を生じると発熱や持続する強い腹痛を伴い,反跳痛や筋性防御などの腹膜刺激症状が認められるようになる。バクテリアルトランスロケーションや腸管の壊死・穿孔が原因の腹膜炎から敗血症に進展し,ショック状態に陥ることもある。

    【検査所見】

    血液・生化学検査において,白血球やCRPの上昇が認められる。腸管壊死に陥ればLDH,CK,乳酸値の上昇を,また,血液ガス分析においてアシドーシスが認められる。敗血症に進展すると,肝腎機能障害や播種性血管内凝固症候群(DIC)の所見として,白血球減少,血小板減少,FDP/Dダイマーの上昇,プロトロンビン時間の延長などの所見が認められる。

    腹部単純X線写真において,鏡面形成を伴う腸管拡張像が認められる。腹部超音波検査では,腸管拡張像や腹水貯留所見が認められる。造影CTは診断に最も有用な検査である。陥入腸管の集簇像・囊状拡張像を目印に,内ヘルニアの解剖学的発生部位を診断できることがある。腸管壁の菲薄化,造影効果の減弱,腸管気腫像,血性腹水の貯留など,腸管虚血を疑わせる所見が認められた際には,緊急的に手術を行わなければならない。

    【コンサルテーション】

    壊死・穿孔から腹膜炎,敗血症,ショック状態,DICへと急速に重篤な状態となりうるため,手術適応を見誤らないためにも早期に外科の介入を要請する。

    残り355文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    関連求人情報

    公立小浜温泉病院

    勤務形態: 常勤
    募集科目: 消化器内科 2名、呼吸器内科・循環器内科・腎臓内科医(泌尿器科)・消化器外科・整形外科 各1名
    勤務地: 長崎県雲仙市

    公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
    2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
    3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

    当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。医療から介護までの医療設備等環境は整いました。
    令和4年4月1日より脳神経外科及び一般外科医の先生に常勤医師として勤務していただくことになりました。消化器内科医、呼吸器内科医、循環器内科医及び外科部門で消化器外科医、整形外科医の先生に常勤医師として勤務していただき地域に信頼される病院を目指し歩んでいただける先生をお待ちしております。
    又、地域から強い要望がありました透析業務を令和2年4月から開始いたしました。透析数25床の能力を有しています。15床から開始いたしましたが、近隣から増床の要望がありお応えしたいと考えますが、そのためには腎臓内科(泌尿器科医)先生の勤務が必要不可欠です。お待ちいたしております。

    もっと見る

    関連物件情報

    page top