株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

■NEWS 年間死亡者数が11年ぶりに減少、出生数は過去最低―20年12月人口動態統計速報

No.5054 (2021年03月06日発行) P.71

登録日: 2021-02-26

最終更新日: 2021-02-26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省は222日、「人口動態統計速報」(202012月分)を公表した。それによると、2020年の年間死亡者数は1384544人となり、11年ぶりに減少したことがわかった。出生数は過去最低の872683人だった。

結果をみると、201月~12月の出生数は872683人となり、前年に比べて25917人(2.9%)減った。これに対し死亡数は1384544人で、前年比9373人(0.7%)の減少。その結果、出生数から死亡数を引いた自然増減数は、511861人(対前年16544人減)の減少となった。

一方、死産数は17894胎(前年比2107胎減・10.5%減)だった。婚姻件数は537583組(78069組減・12.7%減)、離婚件数は196641組(16314組減・7.7%減)で、婚姻件数は、1950年以来の減少率となった。

人口動態統計は、出生、死亡、婚姻、離婚などの人口動態事象を把握し、人口施策や厚生労働行政施策の基礎資料を得ることを目的に実施している。今回公表された速報値は、市町村が各種届出書から作成した人口動態調査票を集計した結果であり、日本在住の外国人や海外在住の日本人のデータが含まれる。

関連記事・論文

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top