株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

眼球突出[私の治療]

No.5047 (2021年01月16日発行) P.44

井上吐州 (オリンピア眼科病院院長)

登録日: 2021-01-19

最終更新日: 2021-01-14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 眼球突出をきたす疾患としては,甲状腺眼症,眼窩炎症性疾患,眼窩腫瘍,内頸動脈海綿静脈洞瘻,外傷(血腫,気腫),先天性疾患,副鼻腔疾患などがある。

    診断にはMRIやCTによる画像検査が有用であるが,既往症や症状などから鑑別できる場合もある。一般眼科診療でよくみられるのは,甲状腺眼症,眼窩炎症性疾患,外傷などと思われる。甲状腺眼症は,甲状腺の免疫異常を原因とし,眼窩内の炎症変化による外眼筋肥大,脂肪織の増生が生じ眼球突出をきたす。炎症が改善しても組織の肥大が強い場合,眼球突出は残存する。眼窩炎症性疾患には眼窩蜂巣炎,炎症性偽腫瘍,IgG4関連眼疾患などがある。眼窩蜂巣炎は眼周囲の感染巣から炎症が波及して発症する。治療は,感染に対する抗菌薬投与が主体となり,重篤な場合は切開,排膿が必要となる。炎症性偽腫瘍は,原因不明の眼窩内炎症であり,治療はステロイド内服が第一選択となる。効果がない場合は,さらに大量のステロイド点滴治療を行うこともある。炎症性偽腫瘍は炎症が沈静化することで眼球突出は改善する。IgG4関連眼疾患は,涙腺腫大が多くみられる自己免疫疾患で,ステロイド治療が第一選択となる。ステロイド減量により再発がみられることが多い。ステロイド長期投与が必要となる難治性疾患である。外傷による血腫,気腫は,自然消失するが,眼瞼気腫は眼窩骨折を疑う必要がある。

    本稿では,後遺症としての眼球突出が問題となる甲状腺眼症について述べる。甲状腺眼症の原因はバセドウ病が最も多く,稀に橋本病や甲状腺機能正常の眼症もみられる。甲状腺眼症は自己免疫疾患で,バセドウ病の原因となる甲状腺自己抗体が発症に関与する。甲状腺眼症では,眼窩内の炎症性変化により,外眼筋肥大,脂肪織の増生をきたし,眼球突出を生じる。眼球突出には,外眼筋肥大を伴う場合と脂肪織の増生のみで生じる場合がある。

    ▶診断のポイント

    甲状腺眼症の原因となる甲状腺の機能障害や,自己免疫異常の有無を確認する。甲状腺眼症の診断には画像検査が有用であり,MRIのT2強調像で外眼筋の炎症所見が把握できる。炎症の程度,部位,範囲を確認し,治療方針を決定する。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    眼球突出があり,複数の外眼筋肥大,炎症所見がみられる場合は,ステロイドパルス治療の適応となる。外眼筋肥大がなく,脂肪織の増生のみで眼球突出していることもあり,眼球突出が進行性であればステロイドパルス治療を行う。全身的にステロイドが使えない場合,外眼筋の炎症が軽度で限局している場合は,ステロイド局所注射を行うこともある。ステロイドが禁忌の場合やステロイド治療後の再発に対しては,球後放射線照射(リニアック治療)を行う。

    眼窩内の炎症所見がなく,眼球突出が残存している場合は眼窩減圧術を行う。また,外眼筋肥大による圧迫性視神経症でステロイド治療に抵抗性の場合も,眼窩減圧術の適応となる。眼窩減圧術は,眼窩外壁,内壁,下壁の骨を除去する。眼窩脂肪除去を併用することもある。

    残り976文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    関連物件情報

    もっと見る

    page top