株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

膵頭部の多血性腫瘍をどう考えるか?[画像診断道場~実はこうだった(171)]

No.5036 (2020年10月31日発行) P.1

宮里公也 (琉球大学大学院医学研究科感染症・呼吸器・消化器内科学)

外間 昭 (琉球大学大学院医学研究科感染症・呼吸器・消化器内科学)

藤田次郎 (琉球大学大学院医学研究科感染症・呼吸器・消化器内科学教授)

登録日: 2020-10-29

最終更新日: 2020-10-28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


55歳,女性。主訴:乾性咳嗽。既往歴:気管支喘息。喫煙(+)。現病歴:乾性咳嗽を主訴に近医を受診した。胸腹部CT検査で偶然に膵腫瘍を指摘され当科を紹介された。発熱や腹痛を認めなかった。
現症:身長149cm,体重49.1kg,血圧110/68mmHg,脈拍86回/分・整,体温36.9℃,SpO2 98%(room air)。胸部は心音,呼吸音に異常なし。腹部は平坦,軟。蠕動音に異常なし。圧痛なし。
血液検査:WBC 6.8×103/μL,T-Bil 0.6mg/dL,Alb 1.3g/dL,AST 17U/L,ALT 15U/L,ALP 194U/L,LD 170U/L,γ-GTP 51U/L,AMY 51U/L,CEA 2ng/mL(<5),CA19-9 0U/mL(<36),DUPAN-2 27U/mL(<150),SPan-1 1.3U/mL(<30)。ホルモン検査:異常なし。

プレミアム会員向けコンテンツです(期間限定で無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連物件情報

page top