株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

腹部の黒褐色斑をどう考えるか?[画像診断道場~実はこうだった(153)]

No.5003 (2020年03月14日発行) P.1

佐藤俊次 (さとう皮膚科院長)

登録日: 2020-03-12

最終更新日: 2020-03-11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    

80歳代,女性。主訴:最近腹部の黒いホクロに気がつき,がんが心配。既往歴:特記すべき事項なし。
現病歴:最近,腰腹部の黒色の結節に気づいた。自覚症状は特にないが,色が黒く盛り上がって周囲に染み出しのようなものがみえるため,がんが心配になり当院を受診した。
現症:直径6mm大の黒褐色の結節。表面に鱗屑がみられ,触診ではややかさつきを触れ,硬い。ダーモスコピーでは,非偏光像により白色の鱗屑,また,オレンジ色,黒褐色,白色の小球状構造が明瞭である。辺縁は比較的境界明瞭である

プレミアム会員向けコンテンツです(期間限定で無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top