株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

医学生が実施可能な医行為、「自信アリ」の割合は?【PickUp 医療データ】(151)

No.4968 (2019年07月13日発行) P.7

登録日: 2019-07-14

最終更新日: 2019-07-10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

編集部が選ぶ今週の数字
 

厚生労働省は昨年7月、医学生が実施可能な医行為を27年ぶりに整理した報告書を通知した。報告書は日本医学会の門田守人会長が代表を務める研究班がまとめたことから「門田レポート」と呼ばれており、医学生に許容される医行為について「必須項目」と「推奨項目」に2分類して例示している。
報告書作成に向けて研究班は、昨年2〜3月、1年間臨床実習を行った5年生に、126項目の医行為のうち自信を持って行える手技を質問。その結果、「自信を持って行える」と回答した割合が2割未満の医行為が103項目に上り、医行為の習得率が低い傾向にあることが明らかとなっている。

医行為の多くは医学生が「自信を持って行える」割合が

 

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連物件情報

page top