株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

後期分娩後異常出血への対応は?

No.4960 (2019年05月18日発行) P.45

青木 茂 (横浜市立大学附属市民総合医療センター総合周産期母子医療センター准教授)

松原茂樹 (自治医科大学産婦人科主任教授)

登録日: 2019-05-18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 後期分娩後異常出血(secondary postpartum hemorrhage:secondary PPH)に対する対応と注意点について教えて下さい。自治医科大学・松原茂樹先生にご回答をお願いします。

    【質問者】

    青木 茂 横浜市立大学附属市民総合医療センター総合周産期母子医療センター准教授


    【回答】

    【子宮内遺残物の有無と仮性動脈瘤に注意が必要で,子宮内容除去をいきなり行わないように注意する】

    分娩後24時間以降の性器出血がsecondary PPHで,その原因は以下の4つです。①子宮内への胎盤や血液凝固塊の貯留,②胎盤成分が子宮壁に固着し,そこへ多量の血液が流れ込んでいる状態(hyper-vascular retained product of conception:hyper-vascular RPOC),③胎盤ポリープ,④子宮動脈仮性動脈瘤(uterine artery pseudoaneurysm:UAP)。

    以下,①~④の状態について説明します。

    (1)4つの病態

    ①子宮内への胎盤や血液凝固塊の貯留

    分娩時に胎盤・卵膜・血液塊が残存すると,本来起こるべき子宮収縮(子宮復古)がうまくいかず,胎盤剝離部血管の収縮不全が起きて出血してきます。「後期分娩後異常出血では,まず子宮内容物を除去してみる(子宮内容除去術)」のが産科医の常識でした。ところが,②~④の病態が知られて,子宮内容除去術は慎重にすべきだと理解されてきています。

    ②hyper-vascular RPOC

    遺残胎盤が子宮壁に固着し,豊富な血流が胎盤とその基底部子宮内膜・筋層に流れ込んでいる状態です。全破綻すれば大出血します。

    ③胎盤ポリープ

    遺残胎盤部分が増殖して子宮内にポリープ状に突出します。血流が豊富で,それが破綻して出血します。

    ④UAP

    近年,注目されてきた病態です。帝王切開や分娩で子宮動脈外膜が損傷されます。動脈内圧の力に打ち勝てず,この部分が「瘤」を形成してきます。瘤の壁は一部破綻しますが,周囲結合組織や血液塊がその都度,この破綻部に「蓋をして」いるのですが,瘤が大破綻すると大出血します。

    残り886文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    関連物件情報

    もっと見る

    page top