株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

戦傷外科と医療統計[提言]

No.4953 (2019年03月30日発行) P.24

鈴木隆雄 (Emergency Medical Centerシニア・メディカル・アドバイザー)

登録日: 2019-03-27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • next
  • 軍による負傷兵の後方搬送では,これまで検査データの紛失等で医療統計の内容は限られたが,アフガン・イラク戦争では,電子カルテとインターネットで負傷時から治療終了まで一貫した統計となった。イスラム国からのモスル奪還作戦では,非政府組織が負傷住民の初期治療後,重症者は後方病院へ搬送した。その際,団体間共通の患者番号なしの情報伝達のため,治療成績の分析には役立たない医療統計となった。災害の医療統計は初診から治療終了まで一貫した集計が必要である。

    残り3,075文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top