株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

最先端のがん治療、光免疫療法とは(田原 信 国立がん研究センター東病院頭頸部内科長)【この人に聞きたい】

No.4949 (2019年03月02日発行) P.8

田原 信 (国立がん研究センター東病院頭頸部内科長)

登録日: 2019-02-28

最終更新日: 2019-02-27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抗体薬を注射後、近赤外線を照射し
がん細胞のみを死滅させる画期的な治療法
数年後にはがん治療の新たな切り札になる可能性も

たはら まこと:1996年広島大卒。国立がん研究センター東病院消化管内科医員、MDアンダーソンがんセンター客員助教授などを経て、2012年より現職。東海大学医学部客員教授兼任

米国国立がん研究所の小林久隆主任研究員が見出した革新的ながん治療「光免疫療法」が注目を集めている。実用化に向け、頭頸部がん患者に対する国際第Ⅲ相試験もスタートした。昨年、国内第I相試験の責任者を務めた国立がん研究センター東病院頭頸部内科長の田原信氏に、光免疫療法の展望と可能性を聞いた。

治療直後から腫瘍が壊死

─光免疫療法は、どういう治療法ですか。

がんに特異的に取り込まれる抗体薬と近赤外線を用いて、がん細胞を死滅させる治療法です。頭頸部がんの場合には、まず、「ASP-1929(RM-1929)」を静脈注射します。ASP-1929は、がんの表面にあるたんぱく質EGFR(上皮成長因子受容体)に結びつく抗体薬セツキシマブと、近赤外線光に反応する光感受性物質・IR700の複合薬です。患部に近赤外線を当てると、光感受性物質が化学反応を起こしてがん細胞が破壊されます。

近赤外線は、ペンライト型の機器で照射する方法もあるのですが、頭頸部がんに対しては、局所麻酔か全身麻酔をし、光ファイバーの細い針を複数本患部に刺して近赤外線を約5分間照射します。

国内第Ⅰ相試験では、局所再発した頭頸部扁平上皮がん患者3例に実施しました。この治療を開発した小林先生の発表は国際学会等で聞いていましたが、近赤外線照射直後から皮膚の色がどんどん変わるのを目にしたときは、正直驚きました。近赤外線による化学反応で壊死した腫瘍が、ぼろぼろと剥がれ落ちていく感じでした。

プレミアム会員向けコンテンツです(期間限定で無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

関連求人情報

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top