株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

感染症合併妊娠

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-25
青木 茂 (横浜市立大学附属市民総合医療センター総合周産期母子医療センター准教授)
平原史樹 (横浜医療センター院長)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    感染症合併妊娠には,TORCH症候群をはじめB型肝炎,C型肝炎,梅毒,HIVなど数限りなくあるが,ここでは日常診療で最も遭遇することの多い妊娠中のかぜ症候群,インフルエンザについて述べる。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    かぜ症候群では,くしゃみ,鼻汁,鼻閉,咽頭痛,咳嗽などの上気道炎症状のほか,微熱,頭痛,倦怠感などの非特異的症状を呈する。

    インフルエンザでは,突然の38℃以上の発熱,関節痛,頭痛,重い倦怠感が特徴である。

    【検査所見】

    インフルエンザでは,迅速診断キットを用いて診断をつける。ほとんどの迅速キットがA型とB型のどちらにも対応しているが,インフルエンザ発症直後の病初期では気道粘膜のウイルス量がまだ少なく,迅速検査陰性となる場合があるため,発症から12~24時間以内では,たとえ陰性であっても症状から強く疑われるときには陽性として取り扱う。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top