株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

咽喉頭異常感症

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
内藤健晴 (藤田保健衛生大学耳鼻咽喉科教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    咽喉頭異常感症の定義は,咽喉頭異常感の訴えがあるにもかかわらず通常の耳鼻咽喉科的視診で訴えに見合うだけの異常所見を局所に認めないもの,とされている。しかしそれと同時に,咽喉頭異常感症とは1つの症候名にすぎず,後日振り返ると種々の原因疾患が発見されるものも含むとされる。前者を真性咽喉頭異常感症,後者を症候性としている。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    主症状は喉の異常感である。

    症候性の場合は,原因疾患を究明する検査を行う。

    局所的症候:慢性炎症,腫瘤,甲状腺疾患,形態異常,胃食道逆流,アレルギーなどがある。

    全身的症候:低色素性貧血,糖尿病,内分泌異常,心肥大などがある。

    精神的症候:うつ,心身症,不安神経症などがある。

    【検査所見】

    本症状で医療機関を受診する患者は,癌不安を感じている患者が多いのでこれらの検索が最も重要である。それらの検査で原因が特定できない場合に真性となる。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top