株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

扁桃周囲炎・扁桃周囲膿瘍

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
鈴木正志 (大分大学医学部耳鼻咽喉科学講座教授)
渡辺哲生 (大分大学医学部耳鼻咽喉科学講座准教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    口蓋扁桃被膜外側の扁桃周囲間隙の蜂巣炎が,扁桃周囲炎,膿瘍に進行した状態が扁桃周囲膿瘍である。起炎菌は化膿性連鎖球菌などの溶連菌や黄色ブドウ球菌以外に嫌気性菌が30%弱と報告されている。

    20~30歳代の成人に多く,小児・高齢者に少ない。他の深頸部膿瘍に比較すると糖尿病などの易感染性の既往がある症例は少数である。反復性扁桃炎の既往が30~40%,再発が10~15%にみられる。多くは片側性である。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    発熱,激しい咽頭痛・嚥下痛,摂食障害,開口障害がみられる。

    【検査所見】

    局所所見:口蓋扁桃周囲の著明な発赤・腫脹,口蓋垂の偏位がみられる。

    血液検査:白血球(好中球)増加,CRP上昇等の急性炎症所見を認める。

    造影CT:口蓋扁桃周囲に浮腫辺縁の明瞭な造影効果ring enhancementを認める。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top