株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

前庭神経炎

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
武田憲昭 (徳島大学大学院医歯薬学研究部外科系耳鼻咽喉科学分野教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    前庭神経炎は,聴覚症状を伴わない単発性の突発性回転性めまいを主症状とする疾患である1)。男性にやや多く,発症年齢は50歳代に多い。上気道感染の先行する症例が多く,ウイルスによる前庭神経の障害が示唆されてきたが,証明されていない。

    前庭神経節に潜伏完成している単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)の再活性化により前庭神経炎が発症するとの説が提唱されている。しかし,抗ヘルペス属ウイルス薬であるバラシクロビルは前庭神経炎に対して効果がない。前庭神経炎では上前庭神経障害が最も多いが,上および下前庭神経がともに障害されている症例もあり,さらに内耳前庭が障害されて発症する症例もある。また,下前庭神経のみが障害される症例も存在する。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    突発的な回転性めまい発作で発症する。回転性めまい発作は1回のことが多い。回転性めまいは1日~3日間持続する。回転性めまいが軽快した後も,体動時あるいは歩行時のふらつき感が長期間持続する。しかし,めまいに随伴する難聴,耳鳴,耳閉塞感などの聴覚症状を認めない。また,第Ⅷ脳神経以外の神経症状がない。

    【検査所見】

    回転性めまい発作時に,自発および頭位眼振検査で健側に向かう水平性または水平回旋混合性眼振を認める。

    温度刺激検査:前庭神経炎の診断と患側の決定に重要である。温度刺激検査により一側または両側の半規管麻痺(canal paresis:CP)を認める。

    聴力検査:正常聴力またはめまいと関連しない難聴を示す。さらに,前庭神経炎と類似のめまい症状を呈する内耳・後迷路性疾患,小脳,脳幹を中心とした中枢性疾患など,原因既知のめまい疾患を除外できる。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top