株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

外リンパ瘻

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-30
池園哲郎 (埼玉医科大学耳鼻咽喉科教授)
松田 帆 (埼玉医科大学耳鼻咽喉科)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    外リンパ瘻(perilymphatic fistula:PLF)は,内耳リンパ腔と周辺臓器の間に瘻孔が生じ,生理機能が障害される疾患である。瘻孔は蝸牛窓,前庭窓,骨折部,microfissure,炎症などによる骨迷路破壊部,奇形などに生じる。瘻孔から外リンパが漏出すると,めまい,耳鳴,難聴などが変動・増悪する。

    外リンパ瘻の発症メカニズムを模式的に示した(1)

    18_28_外リンパ瘻

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    外リンパ瘻の症状は多岐にわたり,専門医でも診断が難しい。覚えておきたい臨床像は,①突発性や,進行性・変動性難聴にめまいを伴う,②突発性難聴の治療後,難聴が改善したのにめまいが持続する,③頭部外傷や全身打撲後の慢性めまい,の3点である。

    【検査所見】

    わが国では,世界に先駆けて診断基準が発表されている()。

    18_28_外リンパ瘻

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top