株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

内耳炎

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
大島猛史 (日本大学医学部耳鼻咽喉・頭頸部外科学分野主任教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    細菌やウイルス感染により迷路に炎症が生じる。内耳炎を起こす病原体としてウイルス,細菌,リケッチア,スピロヘータ,真菌などが挙げられる。感染経路として,中耳(鼓室),脳脊髄液,血行性,顔面神経逆行性がある。化膿性内耳炎では,中耳炎の波及によって引き起こされることが最も多い。

    ■代表的症状・検査所見1)~3)

    【症状】

    難聴,耳鳴,めまいを引き起こす。めまい・平衡障害は通常は改善するが,難聴は回復せず聾となることもある。髄膜炎から波及した内耳炎,血行感染による場合では全身症状もきたす。

    【検査所見】

    純音聴力検査では骨導閾値の上昇がみられる。平衡失調の有無を調べるため,眼振を観察する。最初は患側向きの刺激性眼振だが,その後は麻痺性眼振となり,機能代償とともに眼振は消失する。原疾患に対して,細菌培養(耳漏,中耳貯留液,髄液など),ウイルス抗体価をチェックする。MRIでは内耳が造影される。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top