株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

慢性中耳炎

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-25
髙橋晴雄 (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科耳鼻咽喉・頭頸部外科学分野教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    慢性化膿性穿孔性中耳炎(慢性中耳炎)は,主に幼少児期に中耳炎を長期あるいは繰り返したために鼓膜穿孔が残存し,外界からの病原体の侵入により慢性的に中耳の感染を繰り返す病態である。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    難聴,耳漏が主な症状で,時に耳鳴を伴い,急性増悪時には耳痛もみられる。

    【検査所見】

    視診で鼓膜に穿孔を認め(),純音聴力検査では主に低音部での伝音難聴による聴力低下を認める。長期に罹患すると内耳機能がしだいに低下して混合性難聴をきたす。

    18_14_慢性中耳炎

    耳漏の培養検査では,黄色ブドウ球菌,緑膿菌,真菌などが検出される。近年では黄色ブドウ球菌の半数近くが耐性菌(MRSA)で,多剤耐性緑膿菌も増えつつある。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top