株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

眼球突出

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
古田 実 (福島県立医科大学医学部医学科眼科学講座准教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    正常よりも眼球が突出している状態を指すが,骨格による個人差が大きく,左右および過去の状態との対比で評価する。突出しているのか陥凹しているのかをまず判断する。日本人の場合,ヘルテル氏眼球突出計で眼窩外側骨縁から15mm前後が正常で,19mm以上または左右差2mm以上では疾患がある可能性が高い。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    診察のポイントは,(亜)急性か慢性か,両眼性か片眼性か,突出の方向(眼位ずれはないか),炎症・浮腫や疼痛の有無,間欠性拍動性の有無,瞼裂開大狭小の有無,結膜充血や流涙の有無などである。そして何よりも大切なことは,視力低下の有無と程度,複視の有無と程度を確認することである。

    【検査所見】

    視診,三田氏万能計測器,ヘルテル氏眼球突出計,および眼窩CT/MRI画像からの計測()で評価する。に代表的鑑別疾患を示した。CT/MRIは,眼窩もしくは副鼻腔条件での撮影が望ましい。

    17_60_眼球突出

    17_60_眼球突出

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top