株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

眼精疲労

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-24
遠藤高生 (大阪大学大学院医学系研究科・眼科学教室)
不二門 尚 (大阪大学大学院医学系研究科・感覚機能形成学教室教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    眼精疲労は,コンピュータ画面などを見る作業を集中して行うことにより,眼の疲れや痛みなどの眼症状,頭痛や肩こりなどの全身症状が発生し,休息や睡眠をとっても十分に回復しない状態である。休息により改善する眼疲労とは区別する。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    眼症状として眼の疲労,眼痛,かすみや眩しさ,充血などが生じる。全身症状としては頭痛や肩こり,吐き気などがある。

    【検査所見】

    眼精疲労は自覚的な症状が主であるため,眼科の通常の検査では大きな異常がないことが多い。調節検査において調節力の低下,あるいは調節緊張から調節痙攣()を示すことがある。

    17_59_眼精疲労

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top