株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

水晶体偏位/脱臼

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-24
米田一仁 (京都府立医科大学眼科学教室)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    種々の原因によりチン小帯が脆弱化し水晶体が偏位または脱臼する疾患で,視力障害や複視の症状を呈する1)2)

    原因としては,眼外傷や網膜色素変性症といった眼疾患のほかに,全身疾患としてマルファン(Marfan)症候群,マルケサニ(Marchesani)症候群,ホモシスチン尿症に併発することがある1)2)

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    軽症例では視力正常だが,偏位の程度が進むとともに乱視や複視が現れ,脱臼すると高度の遠視となる。

    脱臼例ではぶどう膜炎や眼圧上昇,角膜混濁をきたすこともある。

    【検査所見】

    散瞳下に細隙灯顕微鏡で観察し,水晶体の位置を確認することで容易に診断可能である。

    脱臼した水晶体の確認には,散瞳下の眼底検査が必要である(図1)。

    外傷による出血やぶどう膜炎による眼底透見性不良例では,超音波検査を用いることもある。

    17_40_水晶体偏位/脱臼

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top