株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

特発性周辺部角膜潰瘍

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-24
中村隆宏 (京都府立医科大学感覚器未来医療学准教授)
外園千恵 (京都府立医科大学眼科学教室教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    周辺部角膜潰瘍には特発性,膠原病性,カタル性が挙げられる。このうち発症頻度は低いが治療が適切でない場合,角膜穿孔から失明に至る重篤な疾患である特発性周辺部角膜潰瘍について解説する。一般的にはMooren潰瘍と称される。

    手術,外傷,感染等を契機に角膜組織に対する自己抗体産生により生じると指摘されている(自己免疫疾患)。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    急激な充血,眼痛,異物感,視力低下を自覚し受診する。

    片眼性,両眼性に発症する。最初は片眼性であっても,経過中に両眼発症になる例もある。

    好発部位は耳側,鼻側で,上方は少ないとの報告がある。

    発症早期は,周辺部角膜実質浅層に細胞浸潤がみられる。

    進行すると,角膜上皮欠損と角膜実質の菲薄化(角膜潰瘍)が起こる。

    潰瘍の隣接部位に,結膜浮腫・毛様充血がみられる。

    重症例では,輪部に並行して角膜潰瘍,角膜実質の菲薄化が進行し(全周性例は全体の6%程度との報告がある),角膜穿孔に至る。

    【検査所見】

    細隙灯顕微鏡での眼表面の観察では,特徴的な角膜潰瘍の形態が診断のポイントである(図1)。すなわち,実質浅層の掘れ込み(undermined),潰瘍縁の突出(overhanging edge)などをみる。

    17_26_特発性周辺部角膜潰瘍

    確定診断では,膠原病(リウマチ,多発血管炎性肉芽腫等)による周辺部角膜潰瘍,Terrien角膜変性,カタル性角膜潰瘍を鑑別する必要性がある。リウマチ因子,抗核抗体,抗DNA抗体の陰性を確認する。

    疾患特異的なバイオマーカーはない。ただし,C型肝炎,寄生虫感染の関与示唆の報告がある。

    診断基準をに示す。

    17_26_特発性周辺部角膜潰瘍

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top