株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

眼瞼腫瘍

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-22
辻 英貴 (がん研究会有明病院眼科部長)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    眼瞼は,皮膚と眼輪筋からなる前葉と,瞼板およびその中に存在する脂腺であるマイボーム腺と瞼結膜からなる後葉とからなる。腫瘍はそれらのいずれの組織からも生じうる。

    代表的な眼瞼悪性腫瘍は,マイボーム腺から生じる脂腺癌と,皮膚より生じる基底細胞癌である。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    瞼の膨らみが症状の大部分であり,通常,痛みはない。

    腫瘍が増大すると視界を遮って,視力低下や,眼球圧排による複視を生じることがある。

    【検査所見】

    視診および細隙灯顕微鏡検査にて眼瞼に充実性腫瘤がみられ,悪性の場合には多くの例において不正形の突出,捷毛脱落,血管増生などを伴う。

    皮膚由来の腫瘍は特に初期では皮膚自体の変化であり,マイボーム腺由来のものと異なり,瞼板と別に動くことが可能となる。マイボーム腺からなるものは,瞼そのものの中に腫瘍が存在する。

    脂腺癌では瞼板内の脂腺であるマイボーム腺由来がほとんどであり,脂肪の色,すなわち黄色を呈することが多い(図1)。

    17_09_眼瞼腫瘍

    基底細胞癌(basal cell carcinoma:BCC)は眼瞼の皮膚から生じ,堤防状変化や,色素によって黒色を呈する部分,潰瘍形成によって凹みを呈するなどの所見がみられる(図2)。

    17_09_眼瞼腫瘍

    扁平上皮癌(squamous cell carcinoma:SCC)は,眼瞼においてはBCCや脂腺癌より頻度が低い。皮膚よりも瞼結膜に多く生じ,皮膚-結膜移行部などにもみられることがある。乳頭様構造を伴って血管に富み,赤みを帯びる(図3)。口腔内のものと同様に,白板状変化を生じることもある。また,SCCの前病変である上皮内癌(carcinoma in situ:CIS)もみられる。

    17_09_眼瞼腫瘍

    転移は通常所属リンパ節へ生じ,耳前リンパ節,ついで顎下リンパ節への転移が多く,転移部位のリンパ節に無痛性の腫脹を生じる。

    血管腫などの血管系腫瘍,およびピンク色を呈する悪性リンパ腫や,reddish sausage-shaped lesionが特徴的なメルケル(Merkel)細胞癌など,赤色を呈するものもある。

    霰粒腫との鑑別は重要で,真の腫瘍では炎症所見が少ない,マイボーム腺開口部の閉塞がみられない,ドーム状ではない不正形の突出,周囲の血管増生などの所見がみられる。逆に霰粒腫では瞼結膜のベルベット状の炎症と,マイボーム腺開口部方向への突出,上眼瞼では閉塞した開口部の皮膚がハングオーバーする形状などを呈し,また炎症によって皮膚がカサカサになることもしばしばみられる。

    アドバンスケースでは,眼窩内浸潤の有無についてMRIを,頸部リンパ節転移の有無には頸部超音波およびCTがそれぞれ有用である。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top