株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

嚢胞性腎疾患

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-24
奴田原紀久雄 (杏林大学医学部泌尿器科学教室教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    嚢胞性腎疾患は多岐にわたる。ここでは一般医家が遭遇することの多い単純性腎嚢胞,髄質海綿腎,後天性嚢胞性腎疾患について述べる。

    Ⅰ.単純性腎嚢胞

    ■疾患メモ

    腎に生じる嚢胞としては最も多くみられる。CTでは60歳代で約25%,70歳代で約40%に発見される。年間の嚢胞径の増大率は4~5%と言われ,その数も増大する。そのため両側性に多発してみられることもある。

    一般には,悪性腫瘍の合併が否定されれば経過観察となる。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    一般には,無症状であるが,腫大した嚢胞により腰痛や側腹部痛がみられることがある。この場合には他疾患による腰痛を否定する必要がある。

    嚢胞内感染があれば疼痛や発熱がみられるが,稀である。

    【検査所見】

    超音波:円形ないし卵円形の内部無エコーで,周囲との境界が明瞭,かつ後方エコーの増強がみられる腫瘤が認められる。

    CT:嚢胞内は水と同じdensityで,造影剤で増強効果を認めない腫瘤を認める。この腫瘤の嚢胞壁は薄く平滑である。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top