株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

リウマチ性多発筋痛症(PMR)

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-21
南木敏宏 (東邦大学医学部内科学講座膠原病学分野准教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    リウマチ性多発筋痛症(polymyalgia rheumatica:PMR)は50歳以上の高齢者に多く発症し,男女比は1:2程度で女性に多い。

    頸部,肩,腰,四肢の近位筋などにこわばり,疼痛がみられ,赤沈亢進,CRP上昇などの炎症反応を伴う原因不明の炎症性疾患である。また,側頭動脈炎(巨細胞性動脈炎)を合併することがある。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    後頸部から肩,上腕,腰部から殿部,大腿の朝のこわばり,疼痛,筋痛,把握痛がみられる。両側対称性にみられることが多い。

    肩関節だけではなく,末梢関節〔肘,手,中手指節間関節(MCP関節)など〕にも関節炎(滑膜炎,滑液包炎)を認めることがある。また,腱滑膜炎や四肢の浮腫を伴うこともある。

    全身症状として,倦怠感,発熱などもみられる。

    【検査所見】

    赤沈の亢進,CRPの上昇がみられる。抗核抗体,リウマトイド因子,抗cyclic citrullinated peptide(CCP)抗体などの自己抗体は陰性のことが多い。

    関節エコー,MRIでは,肩関節の肩峰下,三角筋下の滑膜嚢胞炎や,肩甲上腕部の滑膜炎,二頭筋の腱滑膜炎を認めることがある。また,股関節の滑膜炎や,転子部の滑液包炎もみられる。

    【診断】

    高齢者に,上述の症状を呈し炎症反応陽性を認めた際には,PMRを考慮する。PMRに特異的な症状や検査はなく,臨床経過,症状,検査所見より総合的に診断する。

    1979年に発表されたBirdらの診断基準がよく用いられている(表11)。また,2012年にEULAR/ACRより新しい暫定版の分類基準が発表された(表22)3)

    11_22_リウマチ性多発筋痛症

    鑑別疾患としては,関節リウマチ,RS3PE(remitting seronegative symmetrical synovitis with pitting edema)症候群,多発性筋炎/皮膚筋炎などの炎症性筋疾患,線維筋痛症,感染症,悪性腫瘍,血管炎症候群などが挙げられる。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top