株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

脳動脈瘤

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
根本 繁 (東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科血管内治療学分野教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    脳動脈瘤は,破裂すると,くも膜下出血を起こして生命に危険を及ぼすが,破裂するのはごく一部であり,多くは未破裂のまま経過する。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    破裂した場合にくも膜下出血を起こす。突然の激しい頭痛と嘔吐。意識消失することもある。破裂の前に先行して頭痛が起こることがある。

    未破裂では何も症状がないのが特徴。稀に出血の予兆として頭痛が先行することがある。

    動脈瘤が大きくなって神経を圧迫して複視(物が二重に見える)などの神経症状が出現することがある。

    【検査所見】

    頭部CTスキャン:破裂した場合にはくも膜下腔に出血を認める。

    腰椎穿刺:出血例では血性髄液を認めるが,患者への苦痛は再破裂のリスクとなるので,現在ではほとんど実施されない。

    頭部MRI(MRA),頭部3次元CT血管撮影,脳血管撮影:脳動脈に動脈瘤を認める。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top