株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

認知症

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-05
大澤 誠 (大井戸診療所院長)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    認知症(dementia)は,認知機能低下をきたす,いわば"症候群"を示す用語である。

    在宅医療においても,まず適切な原因疾患を診断することが重要である。とりわけ,うつ病,甲状腺機能低下症,慢性硬膜下血腫,特発性正常圧水頭症などの治療可能な疾患(treatable dementia)を除外することが求められる。

    主な原因疾患としてのアルツハイマー型認知症(Alzheimer-type dementia:ATD)とレビー小体型認知症(dementia with Lewy bodies:DLB)について概説する。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    ATD:症状は認知機能障害と行動・心理症状(behavioral and psychological symptoms of dementia:BPSD)。認知機能障害としては,記憶障害,見当識障害,失語・失行・失認,実行機能障害など。発症時期を明確に特定することはできず,緩徐に,持続的に進行し,社会・職業上の働きに支障をきたすことが特徴である。

    DLB:認知機能低下が固定する前に,覚醒レベルの変動,ありありとした具体的な繰り返す幻視や妄想,パーキンソン症状,REM睡眠行動障害,抗精神病薬への過敏性,多様な自律神経症状,抑うつなどの症状が出現する。

    【検査所見】

    訪問先の患家で画像検査はできず,血液検査で内科的疾患を除外できる程度である。そこで求められるのは,病歴と臨床症状から診断をつける力である。

    慢性硬膜下血腫・特発性正常圧水頭症を疑う場合,画像検査は必須である。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top