株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

男性更年期障害(LOH症候群)

登録日:
2018-07-18
最終更新日:
2018-07-18

監修:辻村 晃(順天堂大学医学部附属浦安病院泌尿器科教授)

■監修のことば

マスメディアを中心に注目された男性更年期障害という概念が,加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)として医学的に認知されて,10年以上経過する。超高齢社会を迎えた現在,中高年男性が身体的にも精神的にも健康で,活発な社会活動を行える環境が重要となる。わが国でのLOH症状は,うつをはじめとした精神症状が主になることが多く,いずれの症状であろうと,治療はテストステロン補充療法が第一原則である。

本特集はLOH症候群の診療について,各種質問票を用いた診断およびテストステロン補充療法の治療効果,うつ症状との関連性,および漢方製剤を用いた治療について解説頂いた。今後の診療に役立てて頂ければ幸いである。

■目次

1 LOH症候群の質問票と評価
平松一平(順天堂大学医学部附属浦安病院泌尿器科)
辻村 晃(順天堂大学医学部附属浦安病院泌尿器科教授)

2  LOH症候群とうつ症状
織田裕行(関西医科大学精神神経科学講座)

3 ホルモン補充療法と漢方製剤による治療
天野俊康(長野赤十字病院第一泌尿器科部長)

このコンテンツはプレミアム(有料)会員限定コンテンツです。

Webコンテンツサービスについて

ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
Web医事新報の有料会員向けコンテンツを読みたい サービス一覧へ
本コンテンツ以外のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

関連記事・論文

もっと見る

page top