株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

【11】薬物中毒・電解質失調 <目次>

登録日:
2018-11-20
最終更新日:
2019-01-29

125-1:薬物中毒「80歳代女性,洞不全症候群Ⅲ群(SSS)にてペースメーカ植込み後。発作性心房細動に対してピルシカイニドのpill-in-the-pocket(抗不整脈薬単回経口投与法)で対応していた。来院前日に動悸が出現したため心房細動と思いピルシカイニド150mgを内服頓用。なお,風邪症状にて食欲低下を認めていた。血清Cr値は1.18mg/dLから1.40mg/dLと上昇。動悸は来院時には改善」

125-2:薬物中毒「90歳代男性,脳梗塞および発作性心房細動でピルシカイニド100mg×2内服中。ふらつきから動けなくなり,救急受診。血圧100/mmHgと低く,心拍数108/分で心電図異常を認める。脱水にて入院,血清Cr値1.13(日頃は0.97)mg/dL,血清K値4.1mEq/dL」

126-1:ジギタリス効果「60歳代女性,労作時息切れで受診後,薬物療法中」

127-1:高カリウム血症「60歳代男性,風邪症状がみられ朝から調子が悪かった。午後になりふらつきが出現し,その後意識障害を認めたため救急搬送。問いかけ反応あり。橈骨動脈で脈は触れるものの,極端な徐脈のためか血圧は測定できなかった」

127-2:高カリウム血症「83歳女性,近医にて心不全フォロー中で,フロセミドとスピロノラクトンを内服。高血圧のためイルベサルタン・アムロジピン合剤内服。脱水症状から嘔吐・めまいが出現し,血圧低下により救急搬送,救急外来にて一時心停止」

127-3:高カリウム血症「80歳代男性,腎機能障害」

127-4:高カリウム血症「43歳男性,糖尿病。2日前より気分不快・全身倦怠感を自覚したため水しか飲まずインスリンの投与は中止した。朝トイレに起きた時に転倒し,意識障害が認められたため救急搬送」

127-5:高カリウム血症「72歳男性,透析開始時に徐脈を指摘された」

128-1:低カリウム血症「80歳代女性,高血圧治療中,易疲労感」

129-1:高カルシウム血症「66歳男性,膵臓癌による骨転移で認めた高カルシウム血症(血清カルシウム濃度=14.8mg/dL)」

130-1:低カルシウム血症「51歳女性,原発性副甲状腺機能低下症による低カルシウム血症(血清カルシウム濃度=6.5mg/dL)」

シリアルナンバー未登録の方は
登録画面へ

このコンテンツは購入者限定コンテンツです(全文閲覧にはシリアル登録が必要となります)。
コンテンツ購入はコチラから

Webコンテンツサービスについて

ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
本コンテンツ以外のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

関連記事・論文

もっと見る

page top