株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

CASE27 心電図所見からは鑑別が難しい非心臓疾患/手術後のトイレ歩行後に胸痛を訴え,心電図上のST低下とトロポニン上昇を認めた65歳女性[CAUTION!臨床検査の落とし穴]

No.4692 (2014年03月29日発行) P.99

猿渡 力 (済生会横浜市南部病院副院長兼循環器内科部長)

登録日: 2014-03-22

最終更新日: 2017-08-01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • next
  • 【症例紹介】

    65歳の女性。既往に高血圧があり,家族歴に特記すべきことはない。回盲部癌にて結腸切除術を施行した2日後の朝,手術後初めてトイレ歩行をした際に胸痛,呼吸困難,背部痛が出現し持続するため外科当直医がコールされた。心電図上明らかなST低下を認めたため(図1),狭心症と判断しニトログリセリン1錠を舌下投与したものの,症状が持続したため循環器内科にコンサルトされた。意識清明,血圧90mmHg(触診),脈拍120/分,呼吸数は42回で胸部に異常所見なし。その後に施行した血液検査ではトロポニンTの上昇を認めた(表1)。


    残り2,156文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    関連物件情報

    もっと見る

    page top