株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

停留精巣・精巣捻転症[私の治療]

No.5089 (2021年11月06日発行) P.44

鯉川弥須宏 (福岡市立こども病院泌尿器科科長)

登録日: 2021-11-07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • Ⅰ.停留精巣

    胎児期に腹腔内で発生した精巣は,成長とともに鼠径部から腹腔外に出て,出生時には陰囊内に降下して認められるが,その降下経路の途中で停留して,精巣が陰囊内に認められない状態を言う。発生頻度は新生児期で4.1~6.9%,3カ月で1.0~1.6%,1歳時で1.0~1.7%とされる1)。低出生体重児や早期産児には高頻度である。生後6カ月までは自然降下も期待されるが,以後は精巣の下降は完了したものと考えられている。放置すると妊孕性や精巣の悪性化に影響する。停留精巣が悪性化をきたす割合は一般の約2~5倍で,しかも腹腔内停留精巣は鼠径部停留精巣より悪性化しやすいと言われる。

    ▶診断のポイント

    触診での診察が基本である。患児は緊張のない状態で診察するのがよいが,なかなか難しい。暖かい診察室で検者の手も温めての施行が基本である。右手中指・薬指・小指の指先は陰囊部に添えておき,左手の中指・薬指・小指の指先を患児の下腹部から鼠径部,陰囊部へと軽く圧迫しながら滑らせ,両手10本の指で包み込むようにして精巣を検索する。触診で触知可能な触知停留精巣と,触知できない非触知停留精巣に分類される。さらに非触知停留精巣は,腹腔内に精巣を認める腹腔内停留精巣と,胎生期に著明な萎縮をきたし明らかな精巣組織を認めない消失精巣に分類される。触知精巣の場合は超音波が有用で,非触知精巣の場合はMRI検査が有用であるとされる。しかし非触知精巣のMRI診断は,腹腔内停留精巣の診断は確定できるが,消失精巣の確定は困難なことが多い。そのため消失精巣が疑われる場合には,腹腔鏡検査が先行されることも多い。

    ▶私の治療方針・治療の実際

    触知精巣の場合は生後1年頃に停留精巣固定術を予定する。

    非触知精巣の場合は,生後半年以後にまずその局在を精査し,非触知精巣が腹腔内停留精巣か消失精巣かを鑑別する。我々は,前述の腹腔鏡を診断目的に施行している。腹腔鏡的に腹腔内を確認し,腹腔内の精巣降下経路に精巣が認められれば,腹腔内停留精巣の診断にて腹腔鏡的な精巣固定術を施行する。腹腔内に認められない場合は,病側の内鼠径輪を観察し血管と精管がそこを通過していれば精巣は腹腔内にはなく,腹腔外へ降下した消失精巣と診断し,病側の鼠径部切開にて精索に続く遠位組織(nubbin)を摘出する。一方,腹腔鏡検査にて内鼠径輪は閉鎖し,精巣血管と精管が内鼠径輪近傍で途絶消失している場合には,腹腔内の消失精巣と診断する。近年このような症例でも鼠径部にnubbinを認める場合があるとの報告があるが,頻度は低く我々はそれ以上の処置は施行していない。

    残り1,294文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    関連求人情報

    公立小浜温泉病院

    勤務形態: 常勤
    募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
    勤務地: 長崎県雲仙市

    公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
    2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
    3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

    当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
    医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
    また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

    関連物件情報

    page top