株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

まだらの腰痛[痛み探偵の事件簿(4)]

No.4978 (2019年09月21日発行) P.30

須田万勢 (諏訪中央病院総合診療科/リウマチ膠原病内科,聖路加国際病院リウマチ膠原病センター)

登録日: 2019-09-20

最終更新日: 2019-09-18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〈あらすじ〉ある日,渡村リウマチクリニックに感染性大動脈炎で通院中の高齢男性が,腰痛を訴えて来院した。渡村は身体所見から筋膜性疼痛症候群(MPS)を疑ってハイドロリリースを施行。その意外な顛末とは?


今月は私のケースファイルから興味深い腰痛の症例を紹介しよう。

その日,感染性大動脈炎で1カ月前から抗菌薬治療をしている77歳の男性が私の定期外来にやってきた。心窩部痛で発症し当時は激痛があったが,抗菌薬投与(メロペネムとミノマイシンで4週間,その後ミノマイシン内服継続)のみで軽快し,1週間前の来院時は無症状であった。聞くと3日前の夜に急に右腰部に痛みが出たのだという。当院の理学療法士にも局所マッサージを含む理学療法で治療してもらったが,いっこうに良くならないそうだ。

詳しく病歴を取ってみると,患者データのようになる。

プレミアム会員向けコンテンツです(期間限定で無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

関連物件情報

もっと見る

page top