株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

ボーエン病[私の治療]

No.4957 (2019年04月27日発行) P.49

金子高英 (順天堂大学医学部附属浦安病院皮膚科准教授)

登録日: 2019-04-28

最終更新日: 2019-07-09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 皮膚の上皮内癌(squamous cell carcinoma in situ)のひとつである。境界明瞭な鱗屑を伴う紅褐色局面を主症状とし,臨床的に炎症性皮膚疾患,真菌感染症,そのほかの皮膚腫瘍との鑑別が問題となることがあり,注意を要する。

    ▶診断のポイント

    病変の境界は基本的に明瞭,色調は赤~褐色調,表面に鱗屑を被る平坦な斑あるいは軽度に厚みのある局面である。形状は不整形と表現されることが多いが,極端に非対称なものは少なく,意外と類円形に近いことも少なくない。

    以上のような臨床的特徴を皮疹から読み解くことが肝要である。また,炎症性疾患と誤診され,外用薬に治療抵抗性を示すこともボーエン病を想起するヒントになる。

    残り1,992文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top