株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

(2)IPMNの経過観察法─最適なモダリティと間隔,期間は?[特集:膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の診断と経過観察法]

No.4940 (2018年12月29日発行) P.31

花田敬士 (JA尾道総合病院消化器内科診療部長/内視鏡センター長)

南 智之 (JA尾道総合病院消化器内科部長)

登録日: 2018-12-31

最終更新日: 2018-12-25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の進展と併存膵癌の出現に注意する

「IPMN国際診療ガイドライン2017年版」の内容を理解する〔(特にhigh-risk stigmata(HRS)とworrisome features(WF)〕

IPMNの形状により,CT,MRI(MRCP),EUSを用いて経過観察を行う

HRSを認めないIPMNの経過観察の間隔は1年ごとで十分な可能性がある

1. 経過観察の対象となる膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)とは

膵管内乳頭粘液性腫瘍(intraductal papillary mucinous neoplasm:IPMN)の治療,経過観察の方針決定に関して,2017年に「IPMN国際診療ガイドライン」(以下,GL)が改訂された1)。悪性度を評価する際に考慮するhigh-risk stigmata(HRS)とworrisome features(WF)の内容が見直された。HRSは,「造影される結節」が「造影される5mm以上の壁在結節」に変更された。またWFは,「造影されない結節」が「造影される5mm未満の壁在結節」に変更されるとともに,「血清CA19-9の高値」および「2年間で5mm以上の囊胞径の増大」が付加された。これにより,経過観察とすべき病態もIPMNの形状に応じて細かく設定されている(図1)。

 

1 主膵管型IPMN

悪性の頻度が高い(36~100%)とされ2),原則手術が考慮される。主膵管径が5~9mmで,ほかの悪性予測因子を持たない場合は慎重な経過観察を許容されるが,観察の間隔を頻回とすることで,外科的治療の時期を逸することがないよう注意する。

2 分枝型IPMN

悪性の頻度が比較的低率(6.3~46.5%)とされ2),2017年のGL改訂では切除適応の基準がさらに厳格となり,経過観察が選択されることが多くなっている。拡張分枝径が小型の場合は,観察期間を1年以上とすることも許容されているが,国内では通常型膵癌の併存を考慮し,6カ月に1度の経過観察を行う施設も多い3)

プレミアム会員向けコンテンツです(期間限定で無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

page top