株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

■NEWS 注射用麻薬に着色で回収・出荷停止、健康被害報告はなし―武田薬品

No.4936 (2018年12月01日発行) P.20

登録日: 2018-11-22

最終更新日: 2018-11-22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武田薬品工業は21日、注射用麻薬製剤の一部製品に着色がみられるとの報告が医療機関からあったとして、計7製品を自主回収するとともに当面の出荷を停止すると発表した。回収方法については別途、医療機関に連絡するとしている。同社によると、着色の原因は特定できておらず調査中だが、同日現在で着色を起因とした重篤な健康被害の報告はないという。

回収および出荷停止となる7製品は、①弱ペチロルファン注射液(製品番号:T7-000001~T7-001902)、②ペチロルファン注射液(T8-000001~T8-003799)、③ペチジン塩酸塩注射液35mg(T7-131781~T8-101517)、④同50mg(T7-006271~T8-006112)、⑤モルヒネ塩酸塩注射液10mg(T7-047921~T8-029528)、⑥同50mg(T7-005781~T7-020870〈規格5ml×5A〉およびT7-001091~T7-011573〈規格5ml×10A〉)、⑦同200mg(T7-005691~T7-011101)。

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

関連求人情報

関連物件情報

もっと見る

page top