株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

胸部X線診断クイズ Q&A形式で学ぶ画像読影のポイントとエッセンス

画像読影の基礎力・実力アップを目指す医学生、研修医に!

定価:4,950円
(本体4,500円+税)

数量

カートに入れる

編著: 櫛橋民生(昭和大学横浜市北部病院放射線科教授)
判型: B5判
頁数: 152頁
装丁: 2色刷
発行日: 2003年05月25日
ISBN: 4-7849-4216-5
版数: 第1版
付録: -

臨床で遭遇する頻度の高い疾患を中心に症例を厳選し、31問収載しました。胸部X線は臨床での診断に欠かすことのできない基本の検査です。その読影がしっかりできるようになるには、まず「画像に慣れる」こと。設問にチャレンジしてから解説を読めば、より一層印象深く学べ、理解も進みます。ぱっと読影ができるようになるまで、何回もチャレンジしてみて!ポイントをしっかり押さえたわかりやすくコンパクトな解説が魅力です!

診療科: 放射線科 放射線・画像
シリーズ: 別冊junior

目次

<掲載疾患名一覧>
肺過誤腫
珪肺症
浸潤性肺アスペルギルス症
気管支肺分画症
骨肉腫の肺転移とリンパ節転移
肺胞蛋白症
癌性リンパ管症
ウェジナー肉芽腫症
胸腺腫
先天性嚢胞性腺腫様奇形
悪性胸膜中皮腫
右上葉中枢側肺癌(扁平上皮癌)とその末梢の閉塞性無気肺
ニューモシスチスカリニ肺炎
アスペルギローマ
カルタゲナー症候群
過敏性肺炎
神経原性(良性)腫瘍
良性奇形腫
間質性肺水腫
サルコイドーシス
慢性好酸球性肺炎
肺動脈血栓塞栓症
肺膿瘍
気管気管支断裂
パンコースト腫瘍
細気管支肺胞上皮癌
早期肺腺癌
限局性胸水(偽腫瘍,消失性腫瘍)
肺結核
頭髪によるアーチファクトとstraight back syndrome

もっと見る

閉じる

序文

「六日の菖蒲」または「十日の菊」という言葉があります。時期に遅れて役に立たない物事のたとえですが、やはり画像診断の勉強にも最適な時期というのがあると思われます。確かに胸部単純X線写真は、含気の多量な肺組織、心大血管の軟部組織、脊椎や肋骨などX線透過性が大きく異なる構造物が複雑に重なり合っており、説明の難しい部位です。誰でも簡単にシャーカステンにかけて(またはモニター上で)眺めることはできますが、正確に見る(読影する)のはなかなかむずかしいのが胸部単純写真です。医学部の高学年から卒後数年のうちに、しっかり勉強しておくべきもののひとつと思います。確実な知識を身につけておかないと、何となくわかったような気になっても、自信が持てずに年を経てしまいます。経験豊富な医師になってからでは、「格好悪くて今更勉強できないよ」となってしまう最たるものなのです。

しからば、何をどうしたら、胸部写真の読影がある程度可能となるのでしょうか。私の意見は、胸部写真を読影してみようという興味を持つことが一番大切だと考えます。縦隔病変だと指摘できれば、その分布などである程度鑑別診断が挙げられるではないか、また、びまん性肺疾患もその分布や間質性、肺胞性かの区別である程度疾患がいえるではないか、などと思い始めたらしめたものです。この本は、その点を引き出そうとして書いたものですから、どこから読み始めても良いようになっています(成書も序文、生理・解剖、正常と順に読んで行くと、本文に入る前にいやになります)。本書の単純写真だけでも眺めていて、胸部写真の読影に興味を持つ方が一人でも増えれば、と期待しています。
今がその学ぶ時期として最適であることを認識し、「五日の菖蒲」、「九日の菊」になることを望みます。

2003年 3月
櫛橋  民生

もっと見る

閉じる

シリーズ書籍

関連書籍

関連記事・論文

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top