株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

慢性歯周炎

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-25
齋藤 淳 (東京歯科大学歯周病学講座教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    炎症が歯肉に限局した歯肉炎から進展し,他の歯周組織(セメント質,歯槽骨,歯根膜)まで波及したものが歯周炎である。慢性歯周炎は,主に成人に認められる最も一般的な歯周炎である。

    歯肉縁下のデンタルプラーク(バイオフィルム)中の歯周病原細菌による感染とそれに対する宿主の免疫応答により歯周組織の破壊に至る。リスクファクターとしては,細菌因子に加えて環境・宿主因子が挙げられ,多因子性疾患としてとらえられる。糖尿病,心臓血管系疾患,早期低体重児出産,誤嚥性肺炎,肥満,骨粗鬆症,自己免疫疾患などの全身疾患・状態との関係が研究されている。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    歯肉炎では歯肉の発赤,腫脹,出血がみられる。進行して歯周炎になると歯周ポケットの形成,付着の喪失(アタッチメントロス),歯槽骨の吸収()もみられる。歯肉の退縮や増殖を認めることもある。

    19_18_慢性歯周炎

    【検査所見】

    歯周組織検査所見として,4mm以上の歯周ポケットの形成,歯肉からの出血,進行すると歯の動揺がみられる。細菌学的所見として,Porphyromonas gingivalisTannerella forsythiaTreponema denticolaなどのグラム陰性嫌気性菌が検出されることが多いが,症例により大きく異なる。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top