株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

毛舌

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-25
野村武史 (東京歯科大学オーラルメディシン・口腔外科学講座教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    舌乳頭が延長し,毛が生えたような状態になる疾患を毛舌と言う。またその多くは黒色を呈することから黒毛舌とも呼ばれる。本疾患は特に治療は必要とせずに,原因となる薬剤の中止などで消失することが多い。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    舌の糸状乳頭が著しく延長し角化が亢進し,肉眼的には舌に毛が生えたように見える。

    抗菌薬や副腎皮質ステロイドの長期投与によって生じることが知られており,菌交代現象による口腔内細菌叢の変化によるものとも考えられている。

    原因菌の中に色素産生菌もみられるため,舌に褐色あるいは黒色の毛が生えた様相を呈し,黒毛舌と呼ばれる場合が多い()。

    19_04_毛舌

    他の原因として,喫煙,放射線照射,口腔乾燥,消化器疾患,腎障害,糖尿病も誘因となる。外見上重症に見えるが,症状は比較的軽度で疼痛などの自覚症状もみられない。

    【検査所見】

    特に本疾患に特徴的な異常所見を示す検査はない。問診による基礎疾患の把握,コントロール状態,投薬内容で診断する。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top