株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

聴神経腫瘍

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
山本 裕 (東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科学教室准教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    本症は第8脳神経由来の良性腫瘍であるが,ほとんどを前庭神経由来の神経鞘腫が占める。内耳道内に発生し小脳橋角部に進展,小脳,脳幹を圧迫するように発育する。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    初発症状の多くを,蝸牛神経症状である難聴,耳鳴などが占める。一方,腫瘍の起源神経である前庭神経の障害に起因するめまいの自覚は比較的少ない。内耳道内を同じく走行する顔面神経の麻痺をきたすことはさらに稀である。

    難聴は一側性で徐々に進行するものが多いが,急性に発症もしくは増悪する例も散見される。腫瘍が進展すると,三叉神経の障害による顔面知覚異常,小脳・脳幹の圧迫による中枢性の平衡障害,水頭症の合併による頭蓋内圧亢進症状も出現しうる。

    【検査所見】

    純音聴力検査:一側性の感音難聴を示すが,正常な例も稀ではない。聴力型は様々だが,皿形は本症に特徴的と言われる。

    自記オージオメトリー検査:後迷路性難聴を示すことが本症の特徴と考えられていたが,実際には内耳性難聴のパターンを呈する場合が多い。

    聴性脳幹反応(auditory brainstem response:ABR)検査:反応の消失または潜時の遅延が高率にみられる。

    温度眼振検査:症例により正常から無反応まで様々である。

    MRI:本症の診断,評価に必須である。高い空間分解能が得られる高度T2強調画像が本症の診断,評価には特に有用である。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top