株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

感染性眼内炎

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-24
馬詰和比古 (東京医科大学臨床医学系眼科学分野講師)
後藤 浩 (東京医科大学臨床医学系眼科学分野主任教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    感染性眼内炎は,①術後眼内炎と,②遠隔臓器から真菌や細菌が血行性に眼内に移行して発症する転移性内因性眼内炎に分類される感染性疾患である。

    臨床像は起因菌や症例の状態により様々であるが,特に細菌感染では進行が急激なことが多く,視力予後も不良なことが多い。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    術後眼内炎,転移性内因性眼内炎ともに,自覚症状として眼痛,眼瞼腫脹,眼脂,飛蚊症,視力低下などがある。

    【検査所見】

    検眼鏡:主たる所見として結膜・毛様充血のほか,結膜浮腫,角膜後面沈着物,フィブリンの析出,前房蓄膿,硝子体混濁などがある()。眼底が透見できる場合は網膜血管の白線化や網膜内出血がみられることがある。

    17_32_感染性眼内炎

    Bモード超音波断層検査:濃厚な硝子体混濁を高輝度エコー像として確認できるほか,網膜剥離が検出されることがある。

    血液検査:転移性内因性眼内炎では白血球の増多やCRP値および赤沈が高値であることが多く,非感染性疾患である急性前部ぶどう膜炎との鑑別に有用である。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top