株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

点状表層角膜症

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-22
高 静花 (大阪大学大学院医学系研究科視覚先端医学寄附講座准教授)
西田幸二 (大阪大学大学院医学系研究科眼科学教室主任教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    点状表層角膜症は,角膜の最表層に位置する角膜上皮における点状の上皮障害(superficial punctate keratopathy:SPK)である。

    感染性と非感染性に大別されるが,ここで述べる非感染性においても原因は様々であり,日常臨床で最も遭遇する角膜の所見の1つである。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    原因あるいは背景にある疾患は様々であるが,一般にSPKがあると異物感,眼痛などを訴える。無症状のこともある。

    【検査所見】

    細隙灯顕微鏡においてフルオレセイン染色を行い,SPKの分布パターンを確認する。おおむね,上方,中央,下方,びまん性の4つに大別される()。

    17_23_点状表層角膜症

    SPKの原因を考える上で,眼瞼,眼瞼縁,結膜,涙液の観察も重要である。SPKの原因,場所に加えて,角膜以外のリスクファクターとなる部位もしっかり観察して診断する()。

    17_23_点状表層角膜症

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top